✿ スポンサーサイト

    --. --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

✿ 悪の炎なんてすべて消すさ

    2010. 08.07.Sat

haroharoblogyou.jpg


とうとう私にも夏休みがやってまいりました!
群馬に帰省して、まず家に帰らず、
直接後輩たちの吹奏楽コンクールの応援に行きました!

高校のときの吹部の友達にも久しぶりにあえて本当にうれしかった!
そして久しぶりに吹奏楽に触れた気がする…。

なんていうか、舞台裏で打楽器搬入の手伝いをしてみて、
ああ、最近の私はドキドキしてないなーって思いました。緊張っていう意味で。
本番前の、こう、ぴりっとした緊張って言うか。
なかなか味わう機会ないですよねえ。そう考えると、
私は今まですごく貴重でいい体験をしてきたんだなあと振り返って思いました。
中学の頃からあわせると何度もいろんな演奏会に出たし、
高校でもアンサンブルコンテストコンサート含めそれだけで3回でてるし…
吹奏楽研究会に入っていながらも、やっぱり真剣に吹奏楽が出来る、というか
常に触れ合っていられる環境はなかなかやっぱり高校までだなあーと思いました。

舞台裏で、
去年のインフルエンザが嘘みたいだね、って友達と話してました。
吹奏楽コンクールって吹奏楽部の中では本当に本当に大きなイベントで、
へたすれば(定演が無かったとしたら)一番大きなイベントじゃないかなーってぐらいで、
それが私たちの最後の年で、インフルエンザ集団感染で出られなかったわけで、
それに本当に去年は気合を入れていたから、なおさら心残りで。
その部分だけ思い出とか、その年の写真とかぽっかりなくって。

そのほかにも楽しいこといっぱいあったし定演は大成功だったし、まあいいかなーってかんじなのですが!


実際、後輩たちの演奏が始まってからはすごくいい演奏で、
ああ、みんな頑張ったんだなあ、って思って、
私は後輩たちのに団体前から演奏を聴いていたのですが、
その二つよりは圧倒的にいい演奏で、涙がこぼれるのを必死に抑えてました。
結果は銀賞だったのですけども…去年は無かったとしても、
おととしからA組(B組より人数が多く出られる・課題曲がある)にではじめて、
そこで銅賞だったから、確実にステップアップはしてると思いました。

私らが一年生のときは
フルートも2人しかいなかったし、
先輩たちだって10人もいなくて、小規模だったのに
私が三年になる頃には全員で70人になって、
今や弦バスも3人もいて…
なんかすごいなあ、よかったなあ、ってうまく言葉に表せないけどおもいました。



やっぱ吹奏楽に触れると唐突にブログかきたくなる。
吹奏楽は何か思いを与えてくれるというか、
何か突き動かしてくれるというか。
そんな気がします。

あ、そう、吹奏楽コンクールって、終わった後にみんなで写真を撮ってもらうんですけど、
「おまえら去年辞退ででれなかったから」、って特別に現役の後輩たちと、先生と、
そして私服を着た去年引退した私たちも一緒にいれて、写真とってもらっちゃいました。




これからしばらく、群馬でゆるゆる過ごします。

100807.jpg
昨日の夜明けごろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。