✿ スポンサーサイト

    --. --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

✿ 夢日記

    2007. 11.30.Fri
今日、私の目覚めは最悪でした。


気分を害する夢を見ました。






いつもより早く布団に入り、私はぐっすり眠っていました。


ぐっすりだったはずでしたが、
印象深くて、しかも気持ちの悪い夢を見ました。

夢なので、なんかなんでもアリでしかもぐだぐだですけど。
今日はその見た夢のことを書こうと思います。








設定は休日の朝九時。
さわやかな朝。

目覚めて、携帯を見ると、着信が着ている。


それは、うちが中3の時に通っていた塾の先生からのものだった。


先生『れいなちゃん、なんかれいなちゃんに
会いたいって言う人がいるから、塾においで』

れいな『うぅ、わかりました。でも私
今おきたばっかりなので時間か飼っちゃうかもしれません~w』

先生『アハハwじゃあ、今日は塾もあるしおいで~』


夢の中の私は多分高1でありながら、
まだ塾に通っている設定だったんだと思う



それで、うちはなぜか自分の部屋の中で、
レゴブロックのプラモデルバージョンみたいな
なんかよくわかんないプラスチック製の青いものをもっていた。

実はこの時点で、『私に会いたいって言う人』を、夢の中の私は知っていた
そのプラスチック製のへんなでっかいおもちゃも、
その人からのプレゼントという設定になっていた。



私は、
『私に会いたいって言う人って…絶対…』
とおもいながら塾に着いた。



実際、現実の塾にはなかった狭い部屋に呼ばれ、
そこにいた人物は、夢の中の私が予想していたとおりの人だった



それは…












yaranaika.jpg



阿部さん。


やらないか、の阿部さんです
くそみその阿部さんです



なぜだかわかんないけど阿部さんだったんです
あべさんだったんですよおおおおおおおおおおおおおおお



それから、私は眠い目をこすりながら、阿部さんに会いました。
そして私は阿部さんに体を触られました。

いや、ほんと、夢って願望をうつすとか聞いたけどこれ絶対うそだと思いますてゆうかうそだろまじでうそだ!!!



私はおもわず後ずさりしました
私はものすごい人見知りなので、あまりよく知らない人と話したりするときはすごくテンションが低くなりがちな人なので、
てゆうかテンション高くても後ずさりするよ普通に…


気持ち悪くて、逃げようとしたら、
私の手を引いてくれる人がいました





オーボエのRでした…






私はオーボエのRに手を引かれ、塾から出ました

走って走って逃げました




阿部さんは追いかけてきます




「たすけてぇえええ」って声がかれるぐらい走りました

大の男が後ろから追いかけてくるんだから、
追いつかれそうでこわくてこわくて、仕方なかったです

いつのまにか、
一緒に走ってるのは、Rだけじゃなくて
トロンボーンのRちゃんとAと、パーカスのHとオーボエのTちゃんもいました(なんでだよ

なんかもうみんなで逃げてました


足が重くて動かなかったけど、必死に必死に逃げました



そのうち、宝石やら洋服やらアクセサリーが売っている
高級そうなお店に逃げ込みました。

阿部さんは追ってきません。


友達が、そっと外を見てきてくれたんですけど、
どうやら建物の影で待ち伏せしているようでした。


そのとき私は半泣きでした。

夢の中だけでなく、眠っている私の体もなんかすげえいやな気分でした
『男性恐怖症になるよ…もう嫌だよ…』そう半泣きでつぶやきました

ベッドで眠っている私も夢の中の私とシンクロしてそう思うほど強い感情でした


そのお店の、別の方向の出口から、ほかのお客さんと混じって、
私たちは一斉に飛び出しました



すると阿部さんはやっぱり追いかけてきます


私『くそぉおおアイツホモじゃかったのかよ…!!』



そのうち、走りつかれて、うちはドンキホーテの建物の裏に隠れようとしました

そしたらトロンボーンのAが、
『そこはだめ!!』って教えてくれました。

私はうなづいて、走りました

走って走って…金網のフェンスでできた扉の鍵に手間取ったり、
鉄の柵を飛び越えたり、

そしてみんなで私の家に入りました。
恐ろしく思いながらも、『ざまあwww』とか思いました。

母には、阿部さんを家に入れないように、強く言いつけました。




恐ろしい夢でした。





まじで。






目覚め最悪。


まじなにあの夢。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。