✿ スポンサーサイト

    --. --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

✿ sedona

    2007. 12.08.Sat
keir.jpg



今日からマーチングが始まりました。
ううう。
クリスマスの日もマーチング。
冬休みはマーチング。
マーチングマーチングマーチング。


い・い・いやああーーーーTT




クリスマスのアンサンブルの楽譜が配られたのですが、
4分、8分音符ばっかりでラクチン(`ω´
はやく練習してあわせたい




ところで、
来年の定期演奏会でぜひぜひやりたい曲があるのですっ



セドナッ



今年の定期演奏会でやった「WHERE EAGLES SOAR(略して鷲)」の作者であるS.ライニキーがつくった曲です。

確かに構成とか、和音とかそういうのがすっごくよく似てる。
木管が旋律をやっている後ろで、金管が壮大なメロディーを吹いているところとか。
今思うと、ホルンって素敵だな…
中学のときホルンやっていて、本当はクラリネット希望だったのに、知らない楽器やらされてふてくされてるところもあって、
結局ホルンは最後まであんまり好きじゃなかった気がするけど、
今ホルンじゃなくなってみて、あらためてホルンの音とか、いろんな曲のフレーズとか客観的に聞いてみて、
・・・なぜかホルンが少し好きになった気がします。

あ、話それた。



メイン的なメロディの部分で、最初クラが主旋律吹いて、
そのあとフルートが短いスケールとともに入ってくるところとか鷲とまったく一緒。

でも、鷲自体がすごくすごく気に入ってたから、セドナもすごく気に入りました。


トロンボーンのソロ、その後のクラが伴奏でフルートがソロのところ…ああー吹いてみたい(でしゃばり
そこに入ってくるオーボエとのかけあい
そのあと金管がわーってにぎやかになったとおもったら、フルートが静かに閉める。

そのあと、ファゴットとクラのソロ、
そこにフルートが入って、三つの掛け合いになるのですー、かわいい。



セドナっていうのは、どこかの国にあるパワースポットの名前だそうです。
パワースポットっていったことないからよくわかんないけど、
磁気がすごく強くて、体が、細胞から浄化される場所らしいです。

そこにたくさん岩があって、いろんな効果がある岩があるみたい?


私的には、最近持病の便秘(マテ)があまりにひどく、
ここ1週間大腸が痛くて仕方ないのでもういますぐにでもいきたいぐらいです。


もうなんかこんな話するのもいやですが、私の体はいつ浣腸されてもおかしくない状態です



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。